ウェブリニューアルに伴うブログの変更について

いつもパレスチナ子どものキャンペーンをご支援いただきありがとうございます。
このたび、ウェブサイトリニューアルに伴い、今までお知らせを掲載しておりました
当FC2ブログが廃止となりました。お気に入りなどに登録されていた方は、今後は
当会のウェブサイトからご覧いただきますよう、よろしくお願い致します。

------------------------------------------
1.ウェブサイトの全面リニューアル
------------------------------------------
昨年末から取り組んでおりましたホームページのリニューアルが完了し、
6月21日に公開いたしました。(アドレスの変更はありません)
団体の成り立ちやこれまでの活動の経緯、パレスチナの情報など、以前より
充実させた形でお伝えしていますので、是非ご覧ください。
また見にくい個所などありましたら、コメントもいただけると幸いです。

これからも見やすく、判りやすい情報提供を心掛けていきたいと考えており
ますので、どうぞよろしくお願いいたします。

パレスチナ子どものキャンペーン ホームページはこちら
http://ccp-ngo.jp/

------------------------------------------
2.事務所移転のお知らせ
------------------------------------------
予てより検討しておりました事務所移転が決まり、7月1日付で住所が変更と
なりました。現事務所より少し広くなり、ボランティアの皆さんにも気兼ねなく
ご利用いただけるようになると思いますので、今後ともよろしくお願いします。

(新住所) 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-12-23 豊ビル4階
(アクセス) JR目白駅より 徒歩8~10分
      駅前の目白通りを左へ直進した左手にあります。
※電話・FAX番号、メールアドレスは変わりません。

--------------------------------------------------
特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン
Tel:03-3953-1393 Fax:03-3953-1394
--------------------------------------------------



テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.07.05 | | 未分類

九州地方で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます

熊本一帯の地震で犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

余震が続く中、不安な思いで過ごしておられる皆さまには、くれぐれもお身体と安全に気をつけてお過ごしください。1日も早く余震が収まり、安心できる生活に戻れることを心からお祈りしております。当会でも状況を見つつ、できることを探りたいと考えています。

なおパレスチナからも、アトファルナろう学校、ナワール児童館、子どもの家、その他のNGO団体や個人から、被災地の皆様へのお見舞いメッセージが次々と届いています。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.04.19 | | 未分類

申入書「日本へのシリア難民受入れについて」9月28日

シリア難民の受け入れに関して、日本のNGOが2015年9月28日、首相宛に申し入れをしましたが、パレスチナ子どものキャンペーンもこの申し入れに賛同しています。
以下がその内容です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

申入書「日本へのシリア難民受入れについて」
2015年9月28日
内閣総理大臣安倍晋三殿

私たちは、日本で難民支援に取り組む民間の団体です。
シリアの内戦により第二次世界大戦以降最悪と言われる規模の難民が発生し、それらの難民が逃れた先の周辺国でも十分な保護を受けられずにEU等に向けて命がけの移動を強いられていること、その移動過程で多くの尊い命が失われていることを、深く憂慮しております。
この難民の大規模発生という非常事態に対して国際社会は総力を挙げて対応すべきであり、その中で、日本も大きな役割を果たすことが期待されています。
この観点からすれば、周辺受入れ国や欧州難民受入れ国への支援はもとより、それに加えて、G7の一角を占める日本が他国と同様に国内にも難民を受け入れることで、この問題の国際的解決に向けて、今こそより一層積極的な役割を果たすべきであると考えます。

そこで、以下提案させて頂きます。
1. 来る9月29日の国連総会における演説の中で、シリア難民の日本への受入れを表明してください。
2. 受入れにあたっては、政府(関係省庁)、自治体、国際機関、市民社会の幅広い知見を集めて実施することを、あわせて表明してください。

国際社会における日本の確固たる存在意義を示すためにも、国連総会における演説においては、国際的な難民支援施策に加えて上記2点を表明し、日本として難民問題の解決に積極的に貢献する姿勢を明らかにすることが重要であると考えます。
もとより、難民受入れの実施にあたっては、私たち民間団体自身も、これまでの国内における難民支援の経験をもとに積極的な役割を果たす所存です。
日本においては、2011年に衆議院、参議院両院において難民保護を進める旨の国会決議が全会一致でなされており、国内受入れのさらなる充実がうたわれています(添付資料をご参照)。ぜひ、同決議にある「世界の難民問題の恒久的な解決と難民の保護の質的向上に向けて、アジアそして世界で主導的な役割を担う」という精神にのっとり、難民受け入れを含む日本の難民支援の拡充を、国際社会にお示しいただけたらと願っています。
ご高配のほどよろしくお願いします。

以上
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2015.10.01 | | 未分類

3.20早朝!FM J-WAVEの番組に出演します

3月20日(金)午前 7:50-7:55、ジョン・カビラさんがナビゲーターを務めるFM J-WAVEの
番組「KONICA MINOLTA COME TOGETHER」に、当会 田中事務局長が出演します。
皆様どうぞお聴き逃しなく!

→ J-WAVEのサイトはこちら

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2015.03.19 | | 未分類

2015.1.11サッカー アジアカップ2015開催企画

【サッカー アジアカップ2015開催企画】
★日本の初戦、対パレスチナ戦前日にNGOとJICAの合同イベントを開催します!

2015年1月、アジアのサッカーNo1を決めるアジア杯がオーストラリアで開催されます。日本がリーグ戦を戦う相手国は、パレスチナ、イラク、ヨルダン、パレスチナ。
偶然にも現在、紛争が激化し、多くの人道支援活動が行われている国々が集まっています。


日本の初戦となる対パレスチナ戦の前日、1/11(日)にJICA地球ひろば(東京・市ヶ谷)で、中東で活動を行っているNGOs・JICA合同イベントとして、各対戦国の現状を知り、その現状に対して私たちに何ができるのか一緒に考える機会を持ちたいと思います。
中東に関心をお持ちの方、サッカー好きの方、どなたでもご参加可能です。


‥(イベント概要)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●日時:1月11日(日)15:00-20:00
●場所:JICA地球ひろば(国際会議場)
●参加費:無料 (本キャンペーンのサポートカンパをお願いします)
●事前申込:不要 (会場に直接お越しください)

=プログラム(予定)=
【1部】みんなで語ろう、イラク、ヨルダン、パレスチナ、
    そしてシリアのこと。
 15:00  イラク、ヨルダン、パレスチナ各大使館からの自国紹介
      NGOからの活動紹介
 16:00  フリートーク・タイム
※グループに分かれ、NGOスタッフや来場者と自由に
トークします。
17:30 終了

〜休憩〜

【2部】「今、中東はどうなっているの?」
  18:00〜20:00 パネル・ディスカッション
  ※JICAやNGOのスタッフがパネリストとなり、
活動地の現状についてディスカッションします。

(参加団体)
・ パレスチナ子どものキャンペーン
・ JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
・ ピースボート
・ 地球のステージ
・ 日本国際ボランティアセンター
・ 独立行政法人国際協力機構
(主催)
・ 日本イラク医療支援ネットワーク
・ 「サッカーアジア杯で国際協力を考える会」実行委員会
(後援)
・ JICA
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
日本サッカー協会 アジアカップ2015サイト


2014.12.27 | | 未分類

«  | ホーム |  »

検索フォーム