停戦後の登校風景

停戦後、11月24日(土)から学校が再開し、子どもたちが登校しましたが、周辺の家や建物は
瓦礫の山となり、学校も大きなダメージを受けていました。

schools Destruction (64)d  schools Destruction (60)S
schools Destruction (55)d  schools Destruction (33)d


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.30 | | ガザ緊急2012

アトファルナろう学校の被害の様子

ガザへの攻撃がやんで1週間、現地では不安定な状況が続いています。
アトファルナろう学校からは、関係者と子どもの一人が軽傷を負ったものの、命に別状はないとの報告が入ってきています。学校施設に関しては、爆風や震動で窓ガラスが割れたり、一部設備が破損したとの報告が入っています。


IMG_3042.jpg  IMG_3025.jpg


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.30 | | ガザ緊急2012

ガザ緊急子ども支援アピール20121129

ガザへの攻撃がやんで1週間、現地では不安定な状況が続いています。
幸いなことに、アトファルナろう学校、ナワール児童館(子どもセンター)、そして農業事業など、ガザで実施している支援事業への直接的な大きな被害は出ていませんが、2008年の攻撃に続いて今回の攻撃を経験した多くの子どもや大人に深刻な心的ストレスが見えてきました。

パレスチナ子どものキャンペーンでは、緊急対応としてすでに心理サポートプログラムをナワール児童館で開始しました。

ガザ緊急子ども支援アピールは下記をクリックしてください。
http://ccp-ngo.jp/document/子ども支援アピール2012.11.pdf

皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いします。



テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.29 | | ガザ緊急2012

ガザからの声 ― 2012.11.16-20


先日のブログに、マジダさんの日記から停戦後のガザの様子を一部紹介しましたが、
今日は、停戦前に彼女が書いていたダイアリーから、空爆のなかガザの人々、
子どもたちがどんな思いでいたのかをお伝えします。

“戦争ダイアリー”
-爆撃下のガザから(2012年11月16日~20日)-

11月16日
いまガザで起きていることをどう皆さんにお伝えすればよいのか、私自身正直言って分からないところがあります・・・

(下記のURLをクリックすると全文がご覧になれます)
http://ccp-ngo.jp/document/ガザ戦争日記.pdf


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.29 | | ガザ緊急2012

ガザからの声 2012.11.25


マジダさん(ハンユニス)

今日、同僚みんなと会えた。
全員無事だったが、みなそれぞれの物語を抱えている。

南部に住むM。彼女の母の家は近所が攻撃の標的になった。
母は手術を終えたばかりだった。
恐ろしい音、煙、炎、破壊のなかでみんなが逃げ惑った。
気づいたら母がいない。
4歳の孫娘も行方不明になっていた。

2時間後、母が近所の家で保護されているのが見つかった。
そして、4歳の少女は瓦礫の中で眠っているのが発見された。
毛布が、倒れた食器棚から彼女を守ってくれていたのだ。

ガザに生活が戻ってきた。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.25 | | ガザ緊急2012

«  | ホーム |  »

検索フォーム