【携帯】パレスチナ子どものキャンペーン 2/18更新

title
―ガザ緊急支援―
パレスチナのガザ地区では2008年12月27日から始まったイスラエル軍による空爆、2009年1月4日からの地上侵攻により、非常に多くの人命が失われ、国連現地本部、学校、医療機関、モスクなども破壊されました。
 1月18日に停戦となりましたが、2006 年以来、封鎖によって人や物の出入りが極端に制限され、食料や燃料、医薬品も不足している状態のガザは、この軍事攻撃によって崩壊寸前になっています。ガザでは人口の半数が15歳以下の子どもたち。未来を作る子どもたちのことが心配です。

「これまで」の支援活動
「いま」、ガザで必要なこと
「2月3月」の支援活動
●封鎖解除の署名(終了しました)
・携帯電話から署名
寄付はこちら
事務局連絡先

【これまでの支援活動】

1.緊急活動:日本国内
停戦を訴える &ガザ市民の声と実情を日本国内に伝える絵葉書キャンペーン「ガザのいのちを守りたい」を実施中&募金活動
2.緊急活動:現地
・負傷者への救急医療支援 (シファ病院とノルウェー人医療 チーム):救急治療はほぼ終了
・エルサレムからの支援物資搬入: ガザの農業委員会と一緒に第1次の物資配布を終了
トップへ戻る

【いま、ガザで必要なこと】
1.物資やお金の搬入
 各家族が最低限度の生活ができるためには、非常に多くの物資が必要とされていますが、いまだに救援物資の搬入が進んでいません。また、家庭によって異なる事情(乳幼児がいる、病人がいるなど)に対応するためには、現金の支給も必要となっています。
2.封鎖の解除
人道救援物資も封鎖によって届いていないままです。破壊された家屋修復のための建設資材(セメントやブロック、ガラスや水道管など)の搬入もいまだに禁じられています。早急に封鎖が解除されないと、経済も動かず、全住民が援助に依存することになります。国際社会が封鎖解除に向けて動くことがとても大切です。
3.ストレスやトラウマへの対処
イスラエルとハマス双方がそれぞれ一方的に停戦を宣言しただけなので、人々の心理的ストレスはひどくなっています。90%以上の人たちが不安を抱えていて、些細なことでパニックになってしまいます。  
「人がいっぱいいるところで、子どもがおもちゃで遊んでいて、それが「バン」という音を出したところ、皆、くもの子を散らすように逃げた。」「国連の学校が何らかの理由で時間短縮にして、子どもを早く下校させたところ、「爆撃が始まる」という噂がガザ市中に広がった」(現地スタッフの経験)など、社会全体がパニックに簡単におちいる精神状態です。不安定な政治状況と生活の中で、精神的安定が重要で、心理サポート事業が火急の課題です。
トップへ戻る


【2月3月、私たちはこんな支援活動をします】

1.支援物資の配布継続
 聴覚障がい者や避難生活を送っている家族など、貧困層500~1,000世帯を対象に、ガザ市、ジャバリア、ラファ、ハンユニスなどで実施します。
 物資を外部からガザに入れるのが非常に難しいこと、またガザの経済を活性化するために、農民から市場に出せない生産物を買い上げるなどガザ地区内での物資調達を計画中です。プロパンガスや水、衣料品など、食料以外の生活物資も配布予定です。また、必要に応じて現金支給も実施予定です。
2.ろう学校、子どもセンター の活動を本格化「アトファルナろう学校」は、2月1日から再開しました。
 ハンユニスの「ナワール子どもセンター」は、1月25日から部分的に再開しました。避難所生活をしている子どもや家族などへの心理サポートを開始しています。今後生活物資配布も予定しています。
3.子ども、障がい者、その   家族を対象とした心理サポートの開始。
 当会のこれまでのジェニンやレバノンでの経験を生かし、アトファルナろう学校とナワール子どもセンターを拠点として、家庭訪問、子どものアクティビティ、母親など家族向けのワークショップを実施しています。障がい者向けの特別な活動も開始しました。今後は、子どもを「支援する人たちを支える」研修なども計画しています。
4.ガザの子どものための  医療支援と、日本人看護師の派遣も計画中です。
トップへ戻る

※アトファルナろう学校
1992年に開校したガザで初めてのろう学校。27人の子どもでスタートした。現在、300人以上の生徒と70人以上の職業訓練生が在籍。今回の攻撃で学校は一部破損。幸い生徒はみな無事だったが、生徒や職員には家族や家をなくした人も多い。

※ナワール子どもセンター 
2006年にガザ南部に当会が開いた児童館。近隣の400人以上の子どもが利用。子ども時代が失われているガザで、遊び場を提供。子どもたちがのびのびと成長することを目指す。


【寄付のお願い】

こうした救援活動を軌道に乗せるため、ぜひ、皆様のご支援をお願いします。
●郵便払込
加入者名: パレスチナ子供のキャンペーン
口座番号: 00160-7-177367
※振込用紙等には「ガザ緊急」と書いてください。
●銀行振込
みずほ銀行 高田馬場支店 普通8030448
※領収証をご希望の方は、Eメール、ファックスまたは郵便で、お名前とご連絡先をお知らせください。
ご連絡いただけない場合、領収証をお送りできません。(事務局連絡先
●インターネットから(パソコンのサイトになります)
オンライン寄付サイト「Give One」ガザ緊急募金にご協力を!http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10032
オンライン寄付サイト「イーココロ!」http://www.ekokoro.jp/urgency/urg-1.html

トップへ戻る

【連絡先】
(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-5アビタメジロ603号
電話: 03-3953-1393
ファックス: 03-3953-1394
Eメール: ccp@bd.mbn.or.jp
郵便振替口座: 00160-7-177367
口座名:パレスチナ子どものキャンペーン
トップへ戻る

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.01.21 | | 未分類

1/10 ガザに光を!即時停戦を求めるピースパレード&シンポジウム

ガザに光を!

即時停戦を求める ピースパレード&シンポジウム


開催日:2009年1月10日(土)

プレイベント
13:00 上映会『パレスチナ1948NAKBA』(計画中)

ピースパレード

15:30 「芝公園23号地」集合(東京タワーのふもと)
16:00 出発、パレード開始
17:30 「六本木三河台公園」にてパレード終了

シンポジウム

【時間】 18:30~20:30 
【会場】 聖アンデレ教会   
     (港区芝公園3-6-18 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅から徒歩10分)
【内容】 ・トークリレー 
池田 香代子さん(『世界がもし100人の村だったら』再話者)
広河 隆一さん(ジャーナリスト) 
パレスチナに関わるNGOのアピール 他
         現地の声(電話録音) 予定

■ 主催: 1・10 ガザに光を! ピースパレード実行委員会
■ 呼びかけ団体:特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク、社団法人アムネスティ・インターナショナル日本、特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)、日本山妙法寺、日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」、日本パレスチナ医療協会、日本YWCA、特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン、パレスチナの子供の里親運動、ピースボート、平和をつくり出す宗教者ネット、『1コマ』サポーターズ


========================
★ボランティア募集
========================


ガザでの緊急事態を受けて、東京事務所での業務も増えています。
ボランティアとしてお手伝いいただける方は、下記の事務所までご連絡いただくか、
以下のサイトをご参照ください。
http://ccp-ngo.jp/volunteer.html

●パレスチナ子どものキャンペーン東京事務所 
開所曜日・時間  火~土 10:00~18:00
電話 03-3953-1393  ファックス 03-3953-1394
Eメール ccp@bd.mbn.or.jp
〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-5アビタメジロ603号


=======================
★ガザ封鎖解除署名、お済みになりましたか??
=======================


12月1日から継続しているガザ封鎖解除を求める署名、
あなたはお済みになりましたか??
 
今回の軍事侵攻が始まる前に開始したNGO共同の署名は、
現在も継続中です。

封鎖によって医薬品も救援物資も搬入ができず、
燃料不足や停電により負傷者の治療も困難です。
戦火に追われた人々が逃げていくこともできません。

ぜひ、まだの方は、インターネット上から、署名ください。
http://www.shomei.tv/project-433.html

携帯電話からの署名も可能です。
http://www.shomei.tv/m/project-433.html

署名TVでは、現在の署名者の数がわかります(1500人を超えました)。
呼びかけや賛同に新たな団体が加わっています。

毎日100人ずつ増えています。ネット上にある他の署名者のコメントに
うなずいたり、知り合いの名前を発見するかもしれません。
なお署名そのものは実名でお願いしますが、ネット上では匿名も可能です。

もちろん、署名用紙は当会のホームページからも
ダウンロードしてお使いいただけます。
http://ccp-ngo.jp/


=================
★ガザ緊急募金を呼びかけています★
=================


郵便払込 
 加入者名: パレスチナ子供のキャンペーン
 口座番号: 00160-7-177367

銀行振込
 みずほ銀行 高田馬場支店 普通8030448
 口座: パレスチナ子どものキャンペーン

クレジットカード募金
 オンライン寄付サイトGive One http://www.giveone.net
よりご寄付いただけます。

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.01.06 | | イベント・報告会

«  | ホーム |  »

検索フォーム