ガザ農業事業講演会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 封鎖・水不足・軍事侵攻のなかで
 「ガザ農業支援 報告会」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年10月13日(土)午後2時~4時

会場:牛込聖公会聖バルナバ教会
   東京都新宿区矢来町65(日本聖公会管区事務所となり)

報告:ワリード・アルスルタン(農業事業コーディネーター)
   中村哲也(エルサレム駐在員)

来日するワリードさんは、ガザで生まれ育った青年で、
当会の事業に関わって2年目ですが、これまでも地元の農業NGOで
活動してきました。今回、育苗研修のために初来日します。

参加費:無料

主催・問合せ先
特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン

-----------------------------------------------

パレスチナのガザは40年以上の占領、度重なる軍事侵攻に加えて
7年になろうとする封鎖によって社会的にも経済的にも自立ができ
ないまま、人口の半数が援助物資に頼る状況が続いています。

また、爆撃や果樹の破壊による農地破壊、水不足と人口増加に
よる水質の汚染など、さまざまな環境問題を抱えています。

当会では、こうした条件の下でもガザの人々の生活支援のために、
2009年から「ガザ自給計画!」を進めています。
家庭菜園、自家採種、在来種の栽培。そして若手農業技術者や
農家のための技術研修と育苗、家庭排水の再利用などの事業です。

ガザの状況と事業について、当会の駐在員と現地スタッフによる
報告会にぜひご参加ください。

-----------------------------------------------
牛込聖公会聖バルナバ教会アクセス:
東京メトロ東西線 神楽坂駅 矢来町出口徒歩1分。
都営地下鉄大江戸線 A1出口徒歩10分
http://www.nskk.org/province/access.html
-----------------------------------------------

2012.10.10 | | イベント・報告会

«  | ホーム |  »

検索フォーム