3.5 講演報告会「ジャーナリストの見た支援現場」

☆お知らせ☆
3月5日開催の講演会、「ジャーナリストの見た支援現場~日本のNGOとシリア難民・パレスチナ難民支援」は、お陰様で事前お申込みで満席の状況となっております。当日、予約なしでのご来場をご予定の方は、立ち見、またはご入場ができない可能性があります事を予めご了承ください。


2016年はパレスチナ子どものキャンペーンが活動を開始して30年となります。
この講演会は、30年を振り返る取り組みの第1回目として、ガザやレバノンで支援をしてきた
子どもやその家族の現在など、長期的な支援活動が現地にもたらした成果についてもお伝
えします。 皆様のご参加をお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------
 【講演報告会】 
 パレスチナ子どものキャンペーン30年の活動を振り返る
 第1回 「ジャーナリストの見た支援現場
         -日本のNGOとシリア難民・パレスチナ難民支援」
 お話:川上 泰徳さん(元朝日新聞中東アフリカ総局長)

 日時:3月5日(土) 14:30~16:30
 会場:中央大学駿河台記念館 670号室
     東京都千代田区神田駿河台3-11-5 (お茶の水駅近く)

 お問い合わせ・参加お申し込み: パレスチナ子どものキャンペーン
 〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-5アビタメジロ603号
 電話: 03-3953-1393  Email:info■ccp-ngo.jp (■を@にして送信してください)
  (お申し込み時にお名前、ご連絡先、人数をお知らせください)

------------------------------------------------------------------------------------

 昨年は地中海を小舟で渡るシリア難民の存在が世界の注目を集めましたが、シリアでの危機的状況とそれによる多大な市民の犠牲はすでに5年も続いています。解決の糸口が全く見いだせないままパレスチナ問題は70年近くが経過しました。現在シリア難民は500万人、パレスチナ難民も500万人です。こうした中東アラブ世界の危機が放置されてきた結果、全世界規模で大きな不安感が広がっています。

 講演会では、エジプトを拠点にアラビア語を駆使して取材する川上泰徳さんをお招きして、レバノンやパレスチナ・ガザの最新状況を中心にお話していただきます。川上さんは、20年以上にわたって中東アラブ世界を取材してきた経験豊かなジャーナリストで、流入するシリア難民が人口の3分の1を占めるレバノンや、大規模な軍事侵攻で壊滅的な打撃を受けたガザを最近訪問しています。また中東世界と日本との関係をテーマに取材を続けていて、当パレスチナ子どものキャンペーンの支援活動や成果について現場での取材をもとにお話いただきます。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.20 | | イベント・報告会

2.6-7【大阪】ワン・ワールド・フェスティバルに出展します。

パレスチナ子どものキャンペーンは、今年もワン・ワールド・フェスティバルに出展します。

【大阪One World Festival】 ワン・ワールド・フェスティバル 
~新しい場所で、出会い・ふれあい・学びあい。世界につながる国際協力のお祭り~

日時:2016年2月6日(土)、7日(日)
会場:関テレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園
アクセス:大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅直結、JR環状線天満駅 徒歩3分

入場料:無料(みんなのキッチンや体験プログラムなど一部有料)   
主催:ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会

◆パレスチナ子どものキャンペーンは「北区民センター」会場のN18ブースに
 出展し、パネル展示や活動報告、パレスチナの刺繍製品の販売をします。
 ぜひお立ち寄りください。

     OWF.jpg

OWFは、世界のあらゆる課題解決に対し、市民一人ひとりができることを考え、
行動してもらいたい、という想いから1993年に始まり、今年で 23回目を迎える
西日本最大規模の国際交流・国際協力に関するイベントです。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.20 | | イベント・報告会

2.12-14「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016」のご案内

2月12日~14日に開催される「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016」にてパレスチナをテーマにした分科会が開催されます。参加ご希望の方はお申込みください。

-------------------------------------------------------------------------
分科会11「パレスチナ問題を若者たちと語り合いましょう」
日時: 2月13日(土)14:30〜17:00 定員: 30名(お申込み方法は以下ご参照ください)

1948年のイスラエル建国以来、住む土地を奪われ、特に封鎖の厳しいガザ地区で
難民生活を余儀なくされているパレスチナの方々の苦しみを知り、私たちができる
ことを語り合いましょう。さまざまな理由により故郷を奪われたという共通点をもつ、
沖縄、福島、在日の青年にも、グループディスカッションに加わっていただきます。
-------------------------------------------------------------------------

【概要】
市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016 
 ~私たちがつくる あしたのピース~
開催日時:2016年2月12日(金)~ 2月14日(日)
会   場:飯田橋セントラルプラザ(東京都新宿区神楽河岸1-1)ほか
詳細・お申込み: フォーラム・ホームページ
参加費:1人 2,000円(期間中複数のプログラムに参加できます)
    ※学生割引あり(大学生・短大生・専門学校生1,000円)
    ※1プログラムのみ参加の場合は1,000円(学生500円)
    ※高校生以下または18歳未満 無料

主催:東京ボランティア・市民活動センター
企画運営:市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016実行委員会

  Vフォーラム2016

私たちの暮らしに関わるさまざまな社会課題に焦点を当て、それを共有し、私たち市民に
できることを考えていくためのイベントとして、2004年から開催。
分野、地域、セクターを横断したボランティア・市民活動に関わるメンバーで実行委員会を
組織し、実践の中で直面している課題や想いをもとに、時間をかけてつくりあげ、新たな
気づきや参加の輪を広げる機会としています。

12年目を迎える今年度のテーマは「私たちがつくる あしたのピース」です。
誰もが自分らしく、日々平和に暮らすことのできる豊かな社会を築いていくために、
一人ひとりが大切な役割をになっていくという想いを込め、このテーマに決定しました。

社会の課題やニーズがより多様化・複雑化している中で、それらに柔軟に対応し、ともに
解決していく、ボランティア活動や市民活動への期待は、ますます高まっています。
参加者の皆さんの声や想いを大切に、このフォーラムを、市民活動や市民社会を考える
機会にしていきたいと考えます。皆さんご参加をお待ちしています。

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.13 | | イベント・報告会

2.6-7 よこはま国際フォーラムにて報告会(事前申込2/3まで!)

パレスチナ子どものキャンペーンは、今年も「よこはま国際フォーラム」内で報告会を行います。シリア難民支援を行っているレバノンでの活動や、ガザでの支援活動の様子を報告しますので、ぜひ皆様ご参加ください。
-----------------------------------------------------
2月6日(土) 15:00‐16:50 JICA横浜 4F「いちょう」定員36人
「シリア難民、パレスチナ難民の現状と、私たちにできること」
※要予約(お申込み方法は以下ご参照ください)
-----------------------------------------------------

【概要】
よこはま国際フォーラム2016 ~ともに生きる横浜 ともに創る世界~
開催日時:2016年2月6日(土)・7日(日)11:00~18:00
会  場:JICA横浜(横浜市中区新港2-3-1)
アクセス:みなとみらい線 馬車道駅4番万国橋出口から徒歩8分

◆事前申込が原則です。
お申し込み:1月4日(月)~2月3日(水)
申込先・方法:よこはま国際フォーラムのサイトからオンライン申込みができます。

◆参加費
事前申込:1日券500円 2日券700 円
当日券 :1日券700円(2日券なし)
*高校生以下、無料
*障がいのある方の介助者は、1名まで無料

多数の講座が集まる魅力
国際協力・多文化共生に関心をお持ちのすべての方にぜひ、お勧めしたいイベントです。
講座毎にテーマや内容が異なります。中高生から社会人、ボランティア経験がまだない
人からNGO/NPO・専門団体のスタッフまで、関心のある講座を選び、参加できます。

国際協力・多文化共生に関わる43 団体が、2日間に49 の講座を開催します。
講演会・報告会・ワークショップなどその内容も豊富です。
また、興味のある国・地域や活動に関する複数の講座をハシゴできるのも魅力です。
(当日のプログラムは、よこはま国際フォーラムのホームページをご覧ください)

  forum2016_a.jpg

同時開催:ギャラリー特別展 『ともに生きる横浜 ともに創る世界』展
日時:1月16日(土)~2月29日(月) 10:00~18:00(入館17:30まで)
会場:JICA横浜(入館無料)

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.13 | | イベント・報告会

1.7 NHKニュースで大槌子どもセンターが映ります!

スケート選手の羽生結弦さんが大槌町の子どもセンターを問訪されました!
本日(1月7日)21:00~、HNK総合「ニュースウォッチ9」でその様子が放送される予定です。
どうぞご覧ください。

大槌子どもセンターccp

※パレスチナ子どものキャンペーンでは、大槌町の子どもセンターを支援しています。
→ 東北支援報告はこちら


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.07 | | メディア

«  | ホーム |  »

検索フォーム