5.18 シンポジウム「パレスチナの現状と支援のあり方」

日時: 5月18日(日) 14時30分~17時30分 
会場: 中央大学駿河台記念館 (東京都千代田区神田駿河3-11-5)  地図URL
定員50名 参加費1000円(※事前の参加申込みが必要です)

------------------------------------------------------------------------------------------
 パネラー
  立山良司さん(防衛大学名誉教授、日本エネルギー研究所客員研究員)
  本田徹さん(SHARE国際保健協力市民の会代表理事、当会理事)
  枝木美香さん(アーユス仏教国際協力ネットワーク事務局長)
  田中好子(パレスチナ子どものキャンペーン事務局長)ほか
------------------------------------------------------------------------------------------

 パレスチナとイスラエルの和平は実現しないまま、オスロ合意から20年が経過しました。
4月末に予定されていた和平交渉も再開が危ぶまれているなか、ヨルダン川西岸でのユダヤ人入植地の拡大は着々と進んでいます。また昨年のエジプトでのクーデター以降ガザは孤立し、物資不足も深刻になってきています。

 パレスチナについての報道が減っている一方で、現場で起こっている状況について、立山良司さん(防衛大学名誉教授、日本エネルギー研究所客員研究員)から分析をしていただきます。また最近現地を訪問した当会の田中好子事務局長からも現状を報告します。
 そのあと、パレスチナ現地にも詳しい本田徹さん(SHARE国際保健協力市民の会代表、当会理事)と、最近現地を訪れた枝木美香さん(アーユス仏教国際協力ネットワーク事務局長)に加わっていただき、パレスチナへの支援の現状と今後についてディスカッションを予定しています。

パレスチナの現状や支援のあり方に関心のある方の参加を呼びかけます。

-------------------------------------------------------------------------------------
 主催・連絡先:
  特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
  電話03-3953-1393 FAX 03-3953-1394
  メール:info@ccp-ngo.jp
-------------------------------------------------------------------------------------

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2014.04.25 | | イベント・報告会

«  | ホーム |  »

検索フォーム