4/4最新現地報告会 「ガザの子どもたち」

090404gaza

報告: 古居みずえさん(ジャーナリスト)
     田中好子(パレスチナ子どものキャンペーン事務局長)

日時: 2009年 4月4日 (土) 午後6時30分~9時
会場: 文京区民センター・3A会議室

     地下鉄三田線・大江戸線 春日駅すぐ 丸の内線・後楽園駅徒歩3分
     JR水道橋駅・徒歩7分(東京都文京区本郷4-15-14)
     地図
参加費: 無料
協力: 見樹院



昨年末に始まったガザへのイスラエル軍の軍事侵攻によって、400人の子どもを含む1300人以上が死亡、負傷者は5000人以上に上っています。また、21,000棟以上の家屋が破壊され、家を失った人は5万人とも言われます。破壊のひどい地域では、瓦礫の横に、テントを立てて人が暮らしを始めていますが、家屋の再建も生活の再建もめどが立っていないのが実情です。ガザへの人と物の出入りは依然として厳しく、再建に必要な建設資材はまったく搬入が許されていません。

また、国際会議では莫大な金額の支援金が約束をされていま すが、多くの支援国が、再び破壊されない保証がないと憂慮し、また実際に人々の生活が改善されるまでにはいくつものハードルをクリアしなければならないのが実情で、特にパレスチナ内部の対立が、支援活動を妨げていることも多々あります。

そうしたなか停戦から2ヶ月経ったガザでは、多くの人たちが日常生活へ戻ろうと努力をしていますが、破壊の爪あとは深く、特に心理的なダメージは想像以上です。戦争の恐怖、破壊のショック、悲しみに加えて強い無力感を感じています。また貧富の差や地域的な格差が鮮明になっています。

古居みずえさんは、長年ガザで取材を続けてきたジャーナリストで、映画「ガーダ・パレスチナの詩」の監督です。今回は2月はじめから、現地での取材を続けてきました。人々の生活と思いを報告してもらいます。
また、戦争開始直後から支援活動を開始し、2月からは現場で活動をしている当パレスチナ子どものキャンペーンからも現状と支援などを報告します。                               

<お問い合わせ>
特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
電話: 03-3953-1393  FAX: 03-3953-1394 
メール:ccp@bd.mbn.or.jp 
東京都豊島区目白3-4-5 アビタメジロ603 
ホームページ: http://ccp-ngo.jp/

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.03.24 | | イベント・報告会

«  | ホーム |  »

検索フォーム