申入書「日本へのシリア難民受入れについて」9月28日

シリア難民の受け入れに関して、日本のNGOが2015年9月28日、首相宛に申し入れをしましたが、パレスチナ子どものキャンペーンもこの申し入れに賛同しています。
以下がその内容です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

申入書「日本へのシリア難民受入れについて」
2015年9月28日
内閣総理大臣安倍晋三殿

私たちは、日本で難民支援に取り組む民間の団体です。
シリアの内戦により第二次世界大戦以降最悪と言われる規模の難民が発生し、それらの難民が逃れた先の周辺国でも十分な保護を受けられずにEU等に向けて命がけの移動を強いられていること、その移動過程で多くの尊い命が失われていることを、深く憂慮しております。
この難民の大規模発生という非常事態に対して国際社会は総力を挙げて対応すべきであり、その中で、日本も大きな役割を果たすことが期待されています。
この観点からすれば、周辺受入れ国や欧州難民受入れ国への支援はもとより、それに加えて、G7の一角を占める日本が他国と同様に国内にも難民を受け入れることで、この問題の国際的解決に向けて、今こそより一層積極的な役割を果たすべきであると考えます。

そこで、以下提案させて頂きます。
1. 来る9月29日の国連総会における演説の中で、シリア難民の日本への受入れを表明してください。
2. 受入れにあたっては、政府(関係省庁)、自治体、国際機関、市民社会の幅広い知見を集めて実施することを、あわせて表明してください。

国際社会における日本の確固たる存在意義を示すためにも、国連総会における演説においては、国際的な難民支援施策に加えて上記2点を表明し、日本として難民問題の解決に積極的に貢献する姿勢を明らかにすることが重要であると考えます。
もとより、難民受入れの実施にあたっては、私たち民間団体自身も、これまでの国内における難民支援の経験をもとに積極的な役割を果たす所存です。
日本においては、2011年に衆議院、参議院両院において難民保護を進める旨の国会決議が全会一致でなされており、国内受入れのさらなる充実がうたわれています(添付資料をご参照)。ぜひ、同決議にある「世界の難民問題の恒久的な解決と難民の保護の質的向上に向けて、アジアそして世界で主導的な役割を担う」という精神にのっとり、難民受け入れを含む日本の難民支援の拡充を、国際社会にお示しいただけたらと願っています。
ご高配のほどよろしくお願いします。

以上
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2015.10.01 | | 未分類

«  | ホーム |  »

検索フォーム