2.12-14「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016」のご案内

2月12日~14日に開催される「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016」にてパレスチナをテーマにした分科会が開催されます。参加ご希望の方はお申込みください。

-------------------------------------------------------------------------
分科会11「パレスチナ問題を若者たちと語り合いましょう」
日時: 2月13日(土)14:30〜17:00 定員: 30名(お申込み方法は以下ご参照ください)

1948年のイスラエル建国以来、住む土地を奪われ、特に封鎖の厳しいガザ地区で
難民生活を余儀なくされているパレスチナの方々の苦しみを知り、私たちができる
ことを語り合いましょう。さまざまな理由により故郷を奪われたという共通点をもつ、
沖縄、福島、在日の青年にも、グループディスカッションに加わっていただきます。
-------------------------------------------------------------------------

【概要】
市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016 
 ~私たちがつくる あしたのピース~
開催日時:2016年2月12日(金)~ 2月14日(日)
会   場:飯田橋セントラルプラザ(東京都新宿区神楽河岸1-1)ほか
詳細・お申込み: フォーラム・ホームページ
参加費:1人 2,000円(期間中複数のプログラムに参加できます)
    ※学生割引あり(大学生・短大生・専門学校生1,000円)
    ※1プログラムのみ参加の場合は1,000円(学生500円)
    ※高校生以下または18歳未満 無料

主催:東京ボランティア・市民活動センター
企画運営:市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2016実行委員会

  Vフォーラム2016

私たちの暮らしに関わるさまざまな社会課題に焦点を当て、それを共有し、私たち市民に
できることを考えていくためのイベントとして、2004年から開催。
分野、地域、セクターを横断したボランティア・市民活動に関わるメンバーで実行委員会を
組織し、実践の中で直面している課題や想いをもとに、時間をかけてつくりあげ、新たな
気づきや参加の輪を広げる機会としています。

12年目を迎える今年度のテーマは「私たちがつくる あしたのピース」です。
誰もが自分らしく、日々平和に暮らすことのできる豊かな社会を築いていくために、
一人ひとりが大切な役割をになっていくという想いを込め、このテーマに決定しました。

社会の課題やニーズがより多様化・複雑化している中で、それらに柔軟に対応し、ともに
解決していく、ボランティア活動や市民活動への期待は、ますます高まっています。
参加者の皆さんの声や想いを大切に、このフォーラムを、市民活動や市民社会を考える
機会にしていきたいと考えます。皆さんご参加をお待ちしています。

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2016.01.13 | | イベント・報告会

«  | ホーム |  »

検索フォーム