ガザからの声 2012.11.19


イブラヒムさん(ガザ市)

死者100人、負傷者1000人を超えた。
建物だけでなく、道を行く人も攻撃対象になっているみたいです。
自宅近くのスタジアムが壊されました。BBCラジオで今の状況を話しました。


マジダさん(ハンユニス)

ナワール子どもセンターのスタッフは無事ですが、親戚の家が被害を受けたスタッフがいます。ハンユニスは海側への攻撃が激しいです。また、東部国境沿いのアブサン地区では空爆だけでなく戦車による砲撃があります。電気は6時間ついて12時間消えての繰り返しで、空爆がエスカレートする前よりもやや少なくなったように感じます。
店に行けば食料などは手に入りますが、もともとお金がない人や日雇労働者の人たちが大変に困っているようです。


ナイームさん(アトファルナろう学校・ジャバリア)

5分ごとに爆撃音が聞こえます。アトファルナの子どもたち、スタッフたちは今のところ無事です。アトファルナは改修工事をしているところのドアが壊れた他、ホールのガラスが割れています。前の戦争に比べて音がクリアに聞こえてきている気がします。自分の子どもの様子を見ると前の戦争の時より音に驚いて怖がっているようです。
今朝は6時から停電で、今しがた10分ほど付いたもののすぐに切れてしまいました。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.19 | | ガザ緊急2012

«  | ホーム |  »

検索フォーム