ガザのこどもたちの笑顔を奪わないで!

パレスチナ子どものキャンペーンが支援活動を続けている、ガザのアトファルナろう学校やナワール子どもセンターの子どもたちを紹介します。

■2011年の東日本大震災後、ガザの子どもたちからメッセージや絵のプレゼントが日本に届けられました。

atfaluna

IMG_0186s.jpg

■アトファルナろう学校
1992年に当会の支援のもと、ガザで初めてのろう学校として27人の生徒で始まったアトファルナは、現在では小・中学校、幼稚園、聴覚検査室、刺繍や木工などの職業訓練、家庭支援、カフェテリアやレストランなど、様々なサービスや就労の場をろう者に提供し、地域行政、国連からも頼られる存在となっています。

23Apr2012 Atfaluna 014s

22Oct2012 Atfaluna 041s


■ナワール子どもセンター
2006年に現地NGO、CFTAとともに開設したガザ南部ハンユニスにある児童館で、課外活動、心理サポートや補習クラス、母親向けのワークショップなどを開催していて、子どもの居場所づくり、お母さんの子育て支援の場として重宝されています。付近の小学生200人~300人が毎日楽しみに通ってきています。

22Oct2012 Nawar 146s

22Oct2012 Nawar 248s


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.22 | | ガザ緊急2012

«  | ホーム |  »

検索フォーム