ガザからの声 2012.11.25


マジダさん(ハンユニス)

今日、同僚みんなと会えた。
全員無事だったが、みなそれぞれの物語を抱えている。

南部に住むM。彼女の母の家は近所が攻撃の標的になった。
母は手術を終えたばかりだった。
恐ろしい音、煙、炎、破壊のなかでみんなが逃げ惑った。
気づいたら母がいない。
4歳の孫娘も行方不明になっていた。

2時間後、母が近所の家で保護されているのが見つかった。
そして、4歳の少女は瓦礫の中で眠っているのが発見された。
毛布が、倒れた食器棚から彼女を守ってくれていたのだ。

ガザに生活が戻ってきた。


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2012.11.25 | | ガザ緊急2012

«  | ホーム |  »

検索フォーム